コールオブデューティ:モダンウォーフェアシーズン2アップデート1.14パッチノート

コールオブデューティの第2シーズンがようやく始まり、このアップデートのサイズは非常識でした。伝えられるところによると、PS4ユーザーは51GB、Xbox Oneユーザーは68GB、そして最後に、PCではそのサイズは67GBで、かなり大きいです。このアップデートでは、新しいコンテンツ、修正、武器のリバランス、その他の変更など、多くのものが到着しました。現在、ゲームに公開されているマップはごくわずかです。今後のバトルロワイヤルモードを紹介する巨大なティーザーがあり、PC、PS4、XboxOneのすべてのプレイヤーが無料で利用できます。この新しいシーズンに伴い、新しい戦いも到来しました。これはかなり良いものです。アップデートはかなり大きく、リリースから数時間後にダウンロードして再生できるのはほんの数人でした。


コールオブデューティ:モダンウォーフェアシーズン2パッチノート
コールオブデューティ:モダンウォーフェア(クレジット:インフィニティワード)

しかし、あなたはこれにどんな新しいものがあるのか​​尋ねているかもしれませんか?さて、最初はゴーストという名前の新しいオペレーターです。これはゲームへのかなり良い追加です。次は、このアップデートでゲームに追加された2つの新しい武器です。最初のものは軽量でモバイルアサルトライフルは射程距離に優れたGrau5.56(Tier 15)であり、強力なSMGであるStriker 45(Tier 31)は、中程度の発射速度でクラスに比べて射程距離が長くなります。次はプレイリストの更新です。これは次のもので構成されています。

コールオブデューティモダンウォーフェアアップデート1.14

•CDLプレイリスト(ハードポイント、支配、検索、破棄)
•リアリズム地上戦争(以前のリアリズムモッシュピット)
•地上戦争ローテーションにボーンヤードを追加する
•「錆の問題があります」– 6v6 Mosh Pit Gunfight Snipers 3v3
•Rust:2v2および6v6プレイリストで利用可能
•Atlasスーパーストア:6v6および10v10プレイリストで利用可能
•連隊! (ソーシャルメニューでそれらをチェックしてください!)
•新しいトライアル!
•特殊作戦サバイバル:Azhir Cave(Sony Exclusive!)
•AkimboWeapon Perk! (ガンスミスで利用可能)



*チームからのメモ:バザールとガンファイトトーナメントはシーズン後半にライブになります!


一般的な修正

先に述べたように、このアップデートでは「フォーカス」チャレンジのように多くのバグが修正されており、適切に追跡されていません。 Krovnik Farmlandがローテーションに追加され、中央に位置する少数の家の2階へのアクセスが削除されました。 GroundWarマップ全体の多くのエクスプロイトが修正されました。プレイヤーがケアパッケージの所有者とケアパッケージをキャプチャしているチームメイトを殺すことができるバグも修正されました。

プラチナとダマスカスの迷彩の盲検グレアの問題が修正され、対戦後にプレイヤーが兵舎、武器、またはオペレータータブにアクセスできなくなる可能性があるまれなバグが修正されました。さらに、開発者は「コピーロードアウト」機能を無効にしました。

フィールドアップグレード:


•トロフィーシステム:展開時間が約0.5秒短縮されました
•キルストリークをキャンセルすることで、プレイヤーが無限の武器ドロップを取得できるバグを修正しました。ウェポンドロップグレネードが装備されている場合、キルストリークは使用できなくなります。
•目標がフィールドアップグレードの進行状況を示さなかったバグを修正しました

特典–リバランス

重要な変更の1つはピークです。これにより、プレイスタイルを変更しなければならないプレーヤーが多くなります。変更された特典には、ダブルタイム、クイックフィックス、ゴーストなどがあります。以下に、すべての変更を確認できます。

•特典1スロット

–オーバーキル:キルチェーンで場所を切り替え、パーク2になります
– EOD:ハッキング能力を削除(Spotter特典に追加)
– 2倍の時間:タクティカルスプリントの再充電率を2倍にします
–クイックフィックス:ヘルス再生の遅延が減少–キルするとすぐに再生が開始されます

•特典2スロット

–ゴースト:スナップショットグレネードイミュニティを削除します(バトルハーデンドに移動)
–補充:機器の再充電率を30秒から25秒に変更します
–キルチェーン:特典1でオーバーキルを使用して場所を切り替えました
–ポイントマン:すべてのモードでスコアストリークのスコアゲインを増やします

•特典3スロット

–チューンアップ:フィールドアップグレードのコスト削減を強化
–スポッター:( EODからの)ハッキング機能が追加されました。現在、壁をハッキングする機能に取り組んでいます。
–バトル強化:スナップショットグレネードイミュニティを追加(ゴーストから移動)
–追加されたガス手榴弾耐性:プレイヤーがガスに入ったときに咳が再生されなくなりました。ガスの影響下にあるときの減速とぼやけが減少しました。

•武器:

武器セクションでは、クロスボウはいくつかのバグ修正を取得しています。また、SA87と増加したRAM-7が強化されました。

–クロスボウ:
–クロスボウのロックを解除しようとしたときに正しく追跡されないキルの修正
–爆発的なフューリークロスボウボルトを修正して、1回のヒットでジャガーノートを殺さないようにしました
–リロード速度のごくわずかな調整。これはまだ微調整中なので、さらに調整が必要です。
–クロスボウが展開可能なカバーに近接ダメージを与えなかったバグを修正しました

•SA87:反動を滑らかにし、ダメージを増加させます
•RAM-7の拡張マグ弾薬数が45から50に増加しました

•特殊作戦:

–オペレーションハービンガー:プレイヤーがマップの下にスポーンする可能性があるチェックポイントの問題を修正しました

も参照してください

コールオブデューティモダンウォーフェアバトルロイヤル
ゲーム· 2020年2月26日· 1分読む

コールオブデューティ:ウォーゾーン–バトルロワイヤルは2020年3月に登場します。詳細

•キーボードとマウス

–カスタムロードアウト6〜10のロードアウトキーバインドに変更を追加しました。これにより、プレーヤーはボタンを押すだけで、お気に入りのロードアウトにすばやく切り替えることができます。
–ロビーで複数の人のユーザー名をマウスカーソルで強調表示すると、複数のエンブレム/プレイヤーカード/レベルUI要素が表示されて互いに重なり合うという視覚的な問題を修正しました。

•コールオブデューティリーグ:

–スペシャリストの制限を削除

•CODキャスター

–キーボードとマウスのコッドキャスターの場合、Killstreaksの場合と同じ方法でキーを押すことにより、プレーヤーのフィールドアップグレードを表示できるようになりました。これは、各プレイヤーがそれぞれのフィールドアップグレードのロックを解除するまでの正確な進行状況も示します。

–プレイヤーの健康レベルはポートレートの背景に表示されます
–プレイヤー番号がミニマップに表示されるようになり、フルマップで表示すると大きくなります

•PC

–トラッカー特典を使用すると、[グラフィック]タブで[弾丸の衝撃とスプレー]オプションが無効になっている場合でも、フットプリントが表示されるようになりました。
–クラッシュを防ぎ、安定性を向上させるためのいくつかの修正。

これらはすべて、Call of Dutyシーズン2に到着したものですが、まだまだあります。バトルロイヤルモードがからかわれると、プレイヤーはモードを待って、それがどのようになるかを見ることができません。リークがあり、200人以上のプレイヤーのバトルロイヤルモードになることが示唆されました。ザ・発売日またはそれに関する他の詳細はまだ不明ですが、私たちはそれについてのいくつかの情報をすぐに得るかもしれません。