フルーツバスケットシーズン2エピソード11のリリース日、プレビュー、ネタバレ

フルーツバスケットシーズン2

今日の投稿では、フルーツバスケットシーズン2エピソード11のリリース日と、マンガの最後の章からの要約を見ていきます。徹は二階の京に電話をかけ、モミジとキョウがアキトを愛しているふりをし続ける方法について話しているのを密かに聞いて、アキトからトルを守るためにアキトの前でトルを捨てた。徹は、相馬家が休暇を始めてからの変化に気づき、みんなを幸せにしたい。翌日、徹は相馬の家族の呪いを解いて幸せに暮らせることを考えながら、みんなで花火を楽しんでいます。


この投稿には、フルーツバスケットの今後のエピソードのネタバレが含まれている可能性があることに注意してください。したがって、ネタバレが気に入らない場合は、慎重に進めるのが最善です。

フルーツバスケットシーズン2エピソード11のリリース日と更新

フルーツバスケットシーズン2エピソード11は、2020年6月16日火曜日の午前1時30分(日本時間)にリリースされます。新しいエピソードは通常火曜日にリリースされますが、中断がない限り、通常は事前に発表されます。



フルーツバスケットシーズン2


以前にフルーツバスケットシーズン2エピソード10

もみじと京は、徹をとても愛しているのは利己的だと思っているので、徹は邪魔をして、もみじの好きなアニメを見るように呼びかけます。アキトはシグレになぜクレノを同行させたのかと質問する。しぐれは、草摩紅野が大好きなので、他人を垣間見ることすらできないと答えた。アキトは着替えて徹に会いに行った。アキトは徹のいるところに着き、外でモミジを見つけて徹に電話するように命じる。

もみじは断り、徹が寝ていると言い、アキトは彼女を叩き、突然出血し始めた徹が現れて止まる。アキトは徹に、高校卒業後はキョウが監禁され、ユキは相馬の地所で一緒に暮らし死ぬので、ユキとキョウを救ったと考える必要はないと語った。彼女はまた、すべての干支のメンバーが同じ場所、同じ位置、同じペースで住むだろうと彼女に言いました、彼らから何も永遠に変わらずに連れて行かれることはありません。

それは幸福と永遠の宴会の未来になるでしょうが、彼女は徹を彼らに参加させていません。徹はそれが本当の幸せだと答えましたか?閉じ込められる、相馬の地所に戻る?誰もが前進するために取っているすべての努力。慧人は、彼女のような見知らぬ人は、結局、徹が彼女の弱い価値観で決めることができないので、彼らとは異なる生き方をしていると彼女に言いました。徹はアキトがオンドリではないことに気づき始め、アキトが相馬家の神であることを知り、誰も彼女に逆らうことができないのです。


アキトは徹の顔を掻き、出血し始め、彼女は彼らの魂の支配者であると彼女に告げ、クレノは彼に会いに来た。アキトは行動を止め、クレノはオンドリだと言った。彼らが去った後、徹は彼女の自己を約束します。アキトは周りをボスし続けますが、彼女は彼らの幸せのために相馬家の他のメンバーを救うでしょう。しぐれは徹ともみじの怪我をする傾向があります。

フルーツバスケットシーズン2エピソード11プレビュー