Halo:マスターチーフコレクションのクロスプレイはXboxOneとPCプレーヤーを接続します


開発者343Industriesが解き放つ準備をしている間 ヘイローインフィニット 今年後半のXboxシリーズXでは、スタジオはPCおよびXboxOneバージョンの改善にも熱心に取り組んでいます。 Halo:マスターチーフコレクションHaloWaypointのブログ投稿 、343は、Xbox Oneのクロスプレイ、マウスとキーボードのサポート、カスタムゲームブラウザー、PCファイル共有、新しいグラフィックスとオーディオオプションなどをコレクションにもたらす新しいアップデートの詳細を示しています。


現在、これらの更新はすべて2020年に予定されていますが、343は、「開発の優先順位が時間の経過とともにどのように変化するかによって一部の項目が移動する可能性があるため、開発スケジュールを少し柔軟に保つ必要があるため、特定の日付にコミットすることを拒否しました」。

スタジオは、「クロスプレイ、入力ベースのMM、サーバーリージョンの選択」がすべて同時にゲームに登場することを確認する以外に、これらの更新についてこれ以上詳しく説明しませんでしたが、「カスタムゲームブラウザ、ゲームごとのグラフィックオプション、また、Xboxのマウスとキーボードのサポート」も後日バンドルされる予定です。 Xbox Oneのクロスプレイとマウスおよびキーボードのサポートが異なるコンテンツドロップでスケジュールされているという事実は、Xbox Oneプレーヤーが最初にPCプレーヤーと対戦するのを難しくする可能性がありますが、これはもちろんすべて変更される可能性があります。



343はまた、他のリリースをいつ期待すべきかについてファンを更新しました こんにちは コレクションのPCバージョンのゲーム。


「上記に加えて、私たちは ODST キャンペーンと Halo 4 PCでも ODST 2020年にXboxとPCの両方に(ネットワークが更新された)ファイアファイト。」

大きな驚きを除いて— Halo 5:Guardians PC上—のリリース Halo 3:ODST そして Halo 4 PCでコレクションを完了します。 343はそれが始まることを確認しました Halo 3:ODST の「フライト」(ユーザーテスト)はすぐに Halo 3 PC上で完全に展開されました。

「フライトが開始される最終的なタイミングはまだ決まっていませんが、8月の最初の数週間以内に物事が順調に進むことを目指しています。引き続きご期待ください MCC インサイダーフォーラムでの開発とフライトの更新 ここに 知るために。」


ユーザーがテストできるコンテンツの詳細は次のとおりです。 Halo 3:ODST 公共便:

新機能

  • カスタマイズ :更新されたカスタマイズが利用可能になります Halo 3:ODST
  • ファイアファイトマッチメイキング&ファイアファイトカスタムゲーム: Firefightのネットワークモデルは、MCCに追加するために完全に見直されました。
  • 劇場: シアターは、マウスとキーボードで使用できるようになります。 Halo 3:ODST

運動


Flightingは、すべての難易度レベル、シングルプレイヤー、および協力的なオンラインプレイのオプションを備えた次のODSTキャンペーンミッションをサポートします。

  • キャンペーンミッション: モンバサストリート、タヤリプラザ、アップリフトリザーブ、NMPD HQ、データハイブ、コースタルハイウェイ。
  • キャンペーンプレイリスト: フライトテスト、フライトテスト(ヒロイック)、Hoofin’It(タヤリプラザ、NMPD HQ、データハイブ)、ストリートスマート(モンバサストリート)。

FIREFIGHTマルチプレイヤーオプション

Halo 3:ODST のフライトは、さまざまなマルチプレイヤーFirefightオプションをサポートします。これには、カスタムファイアファイトゲームとファイアファイトマッチメイキングが含まれます。利用できるコンテンツは次のとおりです。


  • マップ :クレーター(夜)、ラリー(夜)、クレーター、ロスト小隊、ウィンドワード、キャズムテン、最後の出口
  • プレイリスト :ファイアファイトヒロイックとファイアファイトアーケ​​ード

PC用にサポートされている設定とオプション

以下は、PCのフライトに含まれる設定とオプションの完全な内訳です​​。

  • 設定–コントロール :マウスとキーボードの構成とゲームパッドの構成
  • 設定–ビデオ: 視野、車両の視野、ガンマ、ウィンドウモード、アスペクト比、解像度スケール、V-Sync、HUDアンカー、統一メダルディスプレイ、フレームレート制限、グラフィック品質
  • 設定–オーディオ: メニューミュージックボリューム、ゲームミュージックボリューム、エフェクトボリューム、ボイスチャットボリュームを含むゲームボリューム。また、Voice Chat Channel、Push to Talk Voice Chat、およびマルチプレイヤーゲームサウンド
  • 設定–ゲームプレイ: 十字線の位置、招待通知の表示、敵プレイヤー名の色、マルチプレイヤーゲームタイマー、クレジット
  • 設定–ネットワーク :ネットワークとリレー
  • 設定アクセシビリティ: 字幕、言語の変更、テキスト読み上げの変換、音声読み上げの変換

もっと こんにちは 私たちがそれを学ぶときのニュース!