ストレンジャーシングスシーズン4ネタバレ–キャストと何を期待するか

今日は、ストレンジャーシングスシーズン4のネタバレ、キャスト、そして次のシーズンに何を期待するかについて話します。ストレンジャー・シングスは、友人のグループの生活の中で発生するいくつかの劇的なイベントに基づいたアメリカのホラーとSciFiシリーズです。それはダファー兄弟によって作成され、最初はNetflixで放送されました。書いた双子 公演 ダン・コーエンとショーン・レヴィと一緒に制作しました。物語は、念力と魔法の能力を持つ少女の奇妙な外観を含む、町のいたるところに起こっている超自然的な出来事の中で少年の突然の失踪の調査から始まります。そしてこの後、ショーのタイトルが言うように、物事はさらに奇妙でトリッキーになり、観客を畏敬の念を抱かせ、単に彼らの心を困惑させる次のすべての部分を待たせます。


このシリーズは2016年7月15日に初公開されました。最初の記事の後、さらに2つのヒットパーツがあります。第4シーズンは2019年11月に発表され、ダファー兄弟自身によって制作されます。

観客はその3シーズンすべてを愛し、すべてのキャラクターはたくさんの愛と前向きな批評家を受け取りました。繰り返しになりますが、すでに誇大宣伝され、シーズン4を垣間見るのを待っている聴衆から同じ肯定的な反応を示すように設定されています。ダファー兄弟、ショーンレヴィ、ダンコーエン、レインパターソンが予告編で私たちを見せてくれました。そのシーズン4は、ショーが魔法のペースを選ぶにつれて解決されるたくさんのドラマとミステリーのあるシーズンになるでしょう。



ストレンジャーシングスシーズン4ネタバレ
ストレンジャー・シングス–ポスター

キャストの更新

  • ウィノナライダーはジョイスバイアーズとして見られます。
  • デビッドハーバーはジムホッパーを演じます。
  • フィン・ヴォルフハルトはマイク・ウィーラーを主演しています。
  • ミリーボビーブラウンはイレブン/ジェーンホッパーを演じます。
  • ケイレブマクラフリンはルーカスシンクレアとして見られます。
  • ノアシュナップはウィルバイヤーズを演じています。
  • セイディーシンクはマキシン(「マックス」メイフィールド)として主演します。
  • ナタリア・ダイアーはナンシー・ウィーラーを演じます。
  • ジョナサン・バイヤーズ役のチャーリー・ヒートン。
  • ガテン・マタラッツォはダスティン・ヘンダーソンを演じます。
  • ロビン・バックリー役のマヤ・ホーク。
  • Priah Fergusonは、EricaSinclairと見なされます。
  • ジョーキーリーはスティーブハリントンを演じます
  • そしてマレー・バウマン役のブレット・ゲルマン

ストレンジャーシングスシーズン4ネタバレ:何を期待するか

ご存知のように、季節ごとに新しいタイムラインが表示され、その期間に発生したいくつかのイベントが紹介されます。シーズン1、1983年、シーズン2、1984年、シーズン3、1985年、そして今、作家がもっと大きなタイムリープを計画しない限り、1986年に旅行します。しかし、新しいトレーラーは、彼らがより多く旅行したことをかなり示唆していました。たった1年。これは、キャストが大きくなり、ドラマが増えることを意味し、新しい可能性が生まれます。たとえば、彼らはウィノナのキャリアを世話して対処する必要があり、ジョイスと並んでリディアがどれほど若いかを参照する必要があります。


も参照してください

テレビ番組· 2020年3月23日· 3分読む

サンディトンシーズン2:リリース日、キャンセル、更新、そして私たちが知っているすべて

https://youtu.be/XcnHOQ-cHa0

ホッパーが生きていることを知らない場合は、気を引き締めてください。シーズン4はホッパーにも焦点を当てることができます。しかし、シーズン4は主に11に焦点を当てており、シーズン3の終わりに彼女は力を失い、次のコントロールで物事を動かすことができなくなるため、彼女が超自然的な力を取り戻す方法と場合は、わずかな可能性があります。彼女の心。脅威が進化するにつれ、ロシア人のおかげで、遅かれ早かれ、彼女は自分の力を取り戻そうとするかもしれません。彼女と他の人が彼女の超自然的な力を取り戻して、すべての友人を救うことができる旅を目の当たりにすることができます。そして主なつながりは、彼女が力を取り戻すと、ホッパーを再配置できる可能性が非常に高いということです。そして今、ホッパーが生きているので、何が起こったのか、あるいは起こるのかについて多くの理論があります。たとえば、ホッパーはマシンが爆発する前に逆さまにジャンプした可能性があります。